Monthly Archives: 9月 2013

Leave a reply

自分のサイトの検索順位を上げたいと考えた場合、

まずなにを考えるでしょうか。

 

 

初期SEOとして無料ブログを立ち上げて自作自演のリンクを貼りますか?

中古ドメインを探してそこからリンクを貼りますか?

継続的に同ジャンルからのブログからリンクをゆっくり貼りますか?

がんばってサテライトサイトを量産するでしょうか。

 

 

しかし、これはどれも正解であり不正解です。

 

 

意味がわからない回答になってしまい申し訳ありません。

しかし、答えはそうなのです。

 

 

というのは、メインサイトの内容がしっかりしていれば、

どんな被リンク構造をしていようが、今のグーグルのアルゴリズムであれば

上位表示されます。

 

 

安定するまでは時間がかかるかもしれませんが、

盤石に上位表示させるためには、リンクの本数やリンク元の質よりも

メインサイトの内容を充実させることに注力するほうが結果は良いのです。

 

 

パンダアップデートやペンギンアップデートが

今後改良されればされるほど、内容に注力したサイトが優位になるでしょう。

Leave a reply

被リンクの張り方にもいい例と悪い例があります。

被リンクを貼る、もしくは貼られる際にもたまに、これは良くないなと思うことがあります。

 

では良くない被リンクの貼り方というのはどのようなものか、ということですが、

よくあるのが「>詳しくはこちら」のようなテキストリンクの例です。

 

実はテキストリンクはSEO的にも有効的で、テキストリンクのアンカーテキストに対策キーワードを

入れることが大事と言われています。

 

例えば、「新宿」「コンパ」というキーワードでSEO対策をするのであれば

「>新宿のコンパならこちらのサイト」

というように対策キーワードを入れれば、先ほどの例よりも検索エンジンからの評価も変わってきます。

 

あくまでも検索エンジンは質の良いサイトを評価しますので、今回の例の場合、

「>新宿のコンパならこちらのサイト」というテキストの方が、ユーザーにとっても

リンク先のサイトの内容がわかりやすいはずですので、ユーザー目線でサイトを構築する

ということを意識したら良いと思います。

 

Leave a reply

 

企業戦略における被リンク対策は、必要不可欠です、

 

被リンクとコンテンツの関連性について

被リンクとは、Web上に構成されたページやサイトが、別のサイトに向かってリンクしたり、又はリンクされることが最大の目的になります。

 

肝心なのは、如何に多くの人々のこのサイトに気が付いてもたい、更に、サイトをクリックしてリンク先を開いて、多くの人に観てもらうことが大事なのです。

 

 

考えてみると判ると思いますけど、WEBサイトその物は本来は何千、何万という膨大なネットワークで繋がっているのです。 所謂、リンクで以って繋がっている訳です。

 

しかし、それは目に見えない地下でつながっているだけで、実際に日の目をみなければ意味が無く、死に体と一緒です。

 

 被リンクサービス商店

ホームページやブログ、ツイッター、フェイスブック等は、サイト同士がリンクし合って、一つの大きなWWWのインターネットの世界を構築されているものです。

しかしそうはいいながらもリンクは有効です。

 

特に、サイトを張っている人が、何がしかの企業的、営利的な目的やイメージで広告されている場合は、被リンクが最大の目的になり、其れによっては企業の浮沈に関わることにもなり、サイトの第1ページは、最良のイメージ戦略が必要になってきます。

 

 

被リンクを目的の皆さんは、サイトのテーマでもあるトップページに於いては、最適化のキーワードを選び、SEO対策を充分に施し、一人でも多くの来訪者を待ち続けることになります。

 

これが本来のサイトの運営であり、被リンクの目的なのです。

 

 

実際に、正確な被リンクの数を知るには、Googleのサイトアクセス情報である“ウェブマスターツール”と言うのがあり、自身が運営するサイトの情報を知る事が出来ます。

 

 

 

 

 

Leave a reply

被リンクの数を増やすというのはSEO対策を行う上で非常に重要なことです。

Googleなどの検索エンジンがこの被リンクの数を非常に重要視しているからです。

したがって、その数を増やすことは自分のホームページなどの検索順位を上げることにつながります。

 

 

ただし、中には被リンクをお金で買うという方法があります。

これはいろいろな会社がサービスとして有料で増やしてくれるものです。

これでお金をかけて確実に被リンクは増えていきます。

これでアクセスアップが見込めると思いがちですが、中にはそうはいかないケースもあるのです。

 

 

有料のものはGoogleが有料だと判断した場合にはペナルティを受ける可能性があるからです。

本来、被リンクというのは優良なサイトに対して他のユーザーが自発的行うものであり、

サイトの所有者が数を増やすことを意図して行うものではないからです。

Googleもそこを評価して被リンクを重視しているわけですから、

有料で数を増やしても、結果的にはペナルティを食らって逆効果という可能性もあるということです。

 

 

Leave a reply

サイトを検索で上位に表示するためには、やはり被リンクの存在を欠かすことはできません。そしてそれを最大限に活用するためには、サイト内とサイト外を、上手に扱っていく必要があるのです。そこで、今回はサイト外でどのようにするべきか、他のサイトとの関係などについて紹介します。

 

 

被リンクを増やす方法として、相互リンクが挙げられます。これは他のサイトを利用しての被リンク増加方法として最も一般的な方法といえるでしょう。特に関連性のあるサイトと相互リンクを結ぶことによって、なかなかの効果を期待することができるでしょう。

 

 

ツイッターなどのサービスを活用することも、効果的です。ツイッターで宣伝するなどもできますし、このサービスを利用した被リンク増加は自分のサイトを良くすればするほどに効果が出てくるので、ある意味やりがいのある方法だといえるでしょう。

 

 

このような方法を使って、被リンクを増やしてみてはいかがでしょうか。周りのサイトやサービスを利用するのも重要なコツなのです。

Leave a reply

以前のSEOといえば、いかにページランクの高いサイトから

被リンクをもらっているかがSEO攻略の肝といわれていました。

検索エンジンの順位を決めるのはロボットであり、

その順位を決める評価の基準はページランクの高いサイトからの

被リンクに比重が大きかったわけです。

 

 

しかし、それが通用したのは昔の話。

Yahoo!の検索エンジンがグーグルに統一され、

どんどんロボットのチェック基準が増えて、そのチェック内容も

詳細になりました。

より「検索者が求めている答えを書いているサイト」を検索上位に

表示されるようにアルゴリズムが改良されてきたのです。

 

 

自作自演でページランクが高い(高かった)だけの

中古ドメインなどを購入して自分のアフィリエイトサイトへ

リンクを貼るだけ等の行為をしていた人のサイトは

ことごとく圏外へ飛ばされました。

 

 

しかし、被リンク自体が意味がなくなったのではありません。

「本当に意味のあるリンク」、「貼る理由があるリンク」は

ちゃんと評価されます。