ウェブマスターツールを活用しよう

サイト運営者様には知ってる方も多いと思われますが、以前まではヤフーではlink:で多くのサイトをヒットしてみることができました。

 

近年グーグルと共同になってからかグーグルと同じような結果しか吐かなくなってしまいました。

グーグルでは被リンクを重要なもの以外 非公開にしているようです。

 

そこで私はウェブマスターツールを活用しています。

どのドメインからどのページがどのぐらい被リンクを浴びているのかを知ることができます。

また検索ワードとその順位も知ることができます。

 

よく巷にある被リンクを調べるツールというのは、グーグルが吐いた結果を読み込んで

自サイトで表示するといった形式のものが殆どです

 

確かにSEOも重要ではありますが、ビッグキーワードで上位を取ることは非常に難しいです。

 

どんなサイトも最初からビッグキーワードで一位は取れないでしょう。

 

最初はどのページから被リンクを多く浴びているか把握していれば

どのような活動が人気サイトに繋がるのかのヒントになると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>